太陽光発電はいつまで保つ?

システムの耐用年数

ソーラーパネル

耐用年数について

太陽光発電は導入することで太陽エネルギーは半永久的に利用することが可能です。しかし、ソーラーパネルも機械ですから、いつか劣化して使い物にならなくなる時があります。その時期を予め知っておくといいでしょう。

法的耐用年数

太陽光発電を行なうソーラーパネルには、国税庁が定めた法的耐用年数が存在しています。ソーラーパネルは主に電気業用設備とされ、法定耐用年数が約17年が適用されるのです。ですから、購入時の費用をその耐用年数に応じて減価償却していくことになります。

通常の耐用年数

法的には約17年とされていますが、一般的な太陽光発電システムはそれよりも長く持ちます。特に太陽光発電に使用されているソーラーパネルは17年以上経っても、十分に使え続けることが可能なケースが多いです。そのため、導入するときは法定耐用年数よりも利用者の話を聞いた方が分かりやすいでしょう。

長持ちをさせるために

太陽光発電の耐用年数を超えて、長く使用する為にはしっかりとしたメンテナンスが必要です。導入して20年以上も経つご家庭では毎週、メンテナンスにこだわっているところが多いそうです。ソーラーパネルは機器自体に可動する部分が無いので、摩耗や故障するケースは少ないですが、長持ちさせる為にも定期的に点検することが大切になります。

乗り換える手段

導入して20年以上まで理想的に使用したいご家庭も多くあることでしょう。しかし、近年ではもっといいシステムが開発されてばかりです。そのため、今から導入して20年後に新しいパネルを購入した方が経済的かもしれません。