太陽光発電のデメリット

太陽光発電は屋根に負担がある

ソーラーパネルを設置する時に、意外と気にしなければいけないのが、屋根への負担です。ソーラーパネルは人が思っているよりも重量があります。そのため、ソーラーパネルの設置を検討しているなら、屋根の状況を確認するといいでしょう。太陽光発電をする時に知っておきたいことは他にもあります。

太陽光発電システムの欠点

家

発電量は日射量で決まる

太陽光発電は太陽の力によって、発電できます。そのため、特に消費するエネルギーは無いのですが、太陽の日射量で発電量も変わってくるのが欠点だといえます。雨や曇りなどの天気が続いてしまうと、日射量も減ってしまい発電量が少なくなる恐れがあります。

初期費用が高い

太陽光発電は近年では価格も安くなっているものの、まだまだ高い買い物だと言えます。そのため、購入する時期をためらっているご家庭も多いのです。設置してから、約7、8年で元を取れますが、初期費用が高いことを覚えておきましょう。

雨漏りのリスク

一般の家では導入する時に防水シートや防水ピッチなど防水処理が施されています。しかし、太陽光発電を設置する時に、釘や工具によってこの防水処理しているものを破壊してしまうことがあるそうです。雨漏りは意外にすぐに発見できないものですから、導入するときは気を付けましょう。

自然災害で壊れてしまう

地震や台風などの自然災害が多くなってきている現代では、災害によって壊れてしまうという可能性も理解しておいたほうがいいでしょう。せっかく、高いお金を出して購入したとしても災害で建物ごと壊れてしまっては元も子もありません。ですから、設置する前に予めデメリットを理解して導入を検討する必要があります。